toggle
2019-07-25

ワンちゃんの健康診断のすすめ

ペットがすこやかに毎日を過ごすために健康診断はとても大切です。

ワンちゃんは言葉や表情で痛みや苦しさを伝えることができません。

普段元気そうに見えていても、飼い主さんの目に見えないところで

病気が進行している可能性もあります。

ワンちゃんの1年は人の4~5年に相当します。

シニア期に入る7歳ごろから年に2回の健康診断をお勧めします。

 

健康診断って何するの?

1.問診

愛犬の普段の生活習慣や食事、飼い主さんが気になっていることなど

伺います。

 

2.身体検査

体重、体温測定、視診、身体にしこりや痛みがないかの触診、

心臓、肺、腸の動きなどの聴診をして異常がないかチェックします。

 

3.血液検査

赤血球、白血球、血小板など、数値から貧血、脱水、炎症、感染がないか

肝臓や腎臓の異常がないかをチェックします。

ご要望によりフィラリア検査もできます

 

4.尿検査

尿の濃さや糖、タンパクなどが出ていないか、膀胱炎の兆候がないかの

チェックをします。

5.レントゲン

骨や関節の異常、臓器の大きさや形、腫瘍などがないかのチェックをします。

 

6.エコー(超音波)

腸の働きや心臓の動きなどチェックします。

 

検査項目は飼い主さんのご要望によりいろいろな組み合わせができます。

どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です