toggle
2019-10-06

愛犬の老化スピードは人の約4倍

犬の年齢を人に置き換えてみると

一般的に生後1年で15歳、2年目で24歳

その後、人の約4倍のスピードで

年齢が進むといわれています。

(大型犬は約7倍といわれていますが

個体差があります)

ワンちゃんがシニア年齢に入ってきた兆候として

いろいろな変化が生じてきます。

ご家族で毎日気をつけてみてあげましょう。

ー目に見えない兆候ー

・体力、筋力低下による心身の衰え

・代謝機能や免疫力の低下

・食事の好みが変わるなど五感の変化

ー目に見える変化ー

・白い毛が増える

・目が白っぽくなってくる

・毛づやがなくなってくる

・鼻がカサカサに乾いてくる

・これまで食べていた食べ物でおなかを壊すなど

ワンちゃんにもアンチエイジングの方法があります。

たとえば

・食事を消化の良いシニア用に変える

・身体を温めたり、ゆっくりとした散歩や

マッサージなどで血の巡りをよくする

・サプリメントを活用する

などの方法があります。

愛犬の身体機能が衰えてきても快適な生活を送れるよう

早めに対処してあげましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です