toggle
2019-07-18

気管虚脱

小型の中高齢犬でよく発症する疾患に気管虚脱があります。

 

気管虚脱とは

体質や、加齢により、気管が弾力を失い、

扁平になって押しつぶされたような状態になり

呼吸困難を起こす疾病です。

 

症状としては、

激しく吠えたり、運動や興奮した後に

「ガーガー」とアヒルの鳴き声のような

「のど鳴り」が聞こえるようになります。

落ち着かずに歩き回っては座り込むを繰り返し

舌を出したままよだれを垂らすようになります。

さらに症状が進むと

呼吸困難となり、目を大きく見開き、舌が

チアノーゼをおこして青紫色になります。

この状態が長く続くと失神して倒れる場合もあります。

 

原因は遺伝や肥満などいろいろ考えられますが

幼犬のころから、飼い主さんに対して頭部を背側にのけぞらせた姿勢を繰り返し

この姿勢のまま激しく呼吸したり、よく吠えたりといった習性

がみられるワンちゃんは、この習性が気管虚脱の引き金になると

いわれています。

 

気管虚脱の傾向があるワンちゃんは

日ごろから安静にする習慣をつけ

肥満の場合は減量することが必要です。

 

犬

シャンプーは気持ちいいよ♪

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です