toggle
2019-09-01

秋のフィラリア予防薬は忘れずに!

フィラリア予防薬は

蚊に刺されることによりワンちゃんの体内に入ってしまった

犬フィラリア(寄生虫)の幼虫が

心臓にたどり着いて成長しないようにするための

”犬フィラリア幼虫駆除薬”です。

 

もし蚊がみられなくなったからといって

投薬をぱったり止めてしまうと

その数日前に飛んでいた犬フィラリア幼虫を持っている蚊に対しては

全く無防備になってしまいます。

その蚊に刺されていたら、フィラリア幼虫は

そのままワンちゃんの心臓や肺などに住み着き

冬の間に成長してしまいます。

蚊がいなくなって1か月後まで必ず投与を忘れないようにしましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です