toggle
2019-06-22

肝臓にやさしい生活

肝臓は「沈黙の臓器」といわれています。

肝臓病は健康診断の血液検査で偶然異常が発見されることの多い病気の一つです。

 

肝臓病は、初期には特に特徴的な症状がみられないことが多く

肝臓がかなりの障害を受けてからでなければ症状がでない傾向があります。

症状は一般的に、食欲不振や嘔吐、下痢、元気がない、腹部を押すと嫌がる

黒い便が出る、などが見られます。

重症になると肝性脳症や黄疸、腹水などがみられ死に至るケースもあります。

 

ストレスは万病のもとと言われますが

肝臓は特にストレスの影響を受けやすい臓器の一つです。

ストレスを感じた時に分泌されるホルモンは

血管を収縮させ血圧を上昇させて

肝臓にいく血流を少なくするため肝臓に負担をかけます。

ワンちゃん猫ちゃんができるだけリラックスして

明るく楽しく生活できる環境を整えてあげることは

肝臓にもやさしい生活であるといえるでしょう。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です